お金というものは、自分にとって勲章のような感じ

お金があるから豪邸に住み、大きな車を何台も所有することもできます。

一種のステイタスとして、お金があるということは本当に大切なことだと思うのです。

お金があるから一流の仲間入りができそうです。

お金があるから美しい女性とも結婚できます。

幸せもお金で掴むことができると思うのです。

お金がないと家族がみな貧乏になってしまいます。

でも、お金があれば子供も良い大学や学校に行けます。

お金というものは、自分にとって勲章のような感じです。

努力をしたからお金があるわけです。

人生の勲章として、人に誇れるものだと思います。

お金というものは、自分にとって勲章のような感じ はコメントを受け付けていません。

年末にお金が足りない時に行う事

飲み会などでお金が必要という場合に良く行っているのが、大掃除の一環で不要なものを買い取りに出すという事です。
買い取りに出す具体的なものとしては、購入したけれども1回か2回くらいで使わなくなったブランド物の服・バッグ・靴・帽子などや、趣味で集めているコレクション品などです。

こうしたものはリサイクルショップなどに出せば即日で現金化できるので便利ですが、時間に余裕があればそのジャンルの買い取り専門店で買取を依頼する方が高く売れるので、そういった場合だとこのようなサービスを使っています。

ちなみにこうした買い取りサービスはインターネット上から申し込んだ後こちらから発送すればいいので、立地や実店舗までのアクセスなども考えなくて良いというのが良いです。

ただ最近もっと良いと思ったサービスがネットオークションです。
ネットオークションの何が良いのかというと高く買い取ってもらえるような買い取り専門店よりも、更に大幅に高く売れることができるという点です。

ただこれに関しては会員費用が有料な上に出品をすれば絶対に落札されるという保証はないので、出品前にその出品物にどの程度需要があるのかを調べる必要性があったり、時期的にも前倒しで考えなければならなかったり、出品作業や取引連絡や梱包・発送をしなければならなかったりと面倒な点はありますが、とにかく高く売れるので最近では11月の上旬あたりからネットオークションに出すものを決めて出品するようにしています。

早い段階で不要なものが処分できるので大掃除もしやすいですし、事前にお金が足りなさそうだと分かっているような時でも対応できて良いです。

年末にお金が足りない時に行う事 はコメントを受け付けていません。

その場でしか手に入らないものなどを購入したいとき

私は昔から無駄遣いをよくする人間で「改めよう」と思い最近はだいぶましになってきました。
しかし元々がそういう性質なので、どうしても欲しいものが出来てしまうとお金を借りてでも購入してしまいます。
私は時計を集める趣味があるのですが、アンティーク物が多く海外のオークションサイトをよく閲覧しています。
アンティーク物は出ないときは出ないですし、出ているときは運命だ!と思いオークションに参加してしまいます。
でもお金はありません。

ではお金が欲しいときどうするか、というとカードのリボ払いにしてしまいます。
ネットとかでは、リボ払いは悪い、高く払うとかバカじゃないか、という意見はよく見ますが、それはその人の価値観であり、こちらの価値観ではありません。
借りても返せばよいのですし、今まで利用してきたカード会社ですから、変なところから借りるよりはある程度信用できると私は思っています。
それに返さなければならないお金があると、その期間は無駄遣いをしないで節制ができます。
何でもかんでもお金を借りるのは悪、自分できちんと自分のお金を把握できないなんて…と聞きますが、きちんと返せばよいわけですし、そのときでしか手に入らないものがあるのです。

お金は期限までに返せばいいですが、欲しいものはそのときにしかないのですから、借金してまで欲しいか、それとも諦めてしまうかは自分次第だと思います。
私は諦めが悪いので、ほしいものはなんとしてもゲットしたくてお金を借りてしまいますが、そういう人間もいます。

その場でしか手に入らないものなどを購入したいとき はコメントを受け付けていません。

主婦だからこそ分かるお金の悩みについて

みなさんも主婦だという方の多くはこれまでに主婦ならではのお金の悩みを抱えた事があるかと思います。では、どういうのが主婦ならではのお金の悩みかというとそれはやはり家計絡みのお金になります。

では、どうして夫もいるのに主婦だけが家計絡みのお金の悩みを持っているのかというと、それはどうしても男性よりも女性の方が家計をどうやりくりしていこうか考える事が多いからです。

勿論、例外もあって主婦が主婦でも借りれるアイフルを利用するなど、主婦でもあまり家計のお金に無関心で逆に夫の方が家計にうるさいという場合もあります。ですが、実際主婦と夫のどちらが家計のお金の悩みを抱えているかというと圧倒的に主婦の方が多いです。

ですから、きっとみなさんの家庭でも家計のお金の悩みを一番抱えていると思います。
でも、どうして主婦の方が家計のお金を抱えやすいかと疑問を持つ方も多いと思います。

それはどうしてかというと、主婦の方が家庭が今どういう経済状況にあるかを把握する能力に優れていて男みたいにどんぶり勘定で家計を考えないからです。

ですから、同じ家計でも主婦はかなり切羽詰った表情をしていても夫の方は意外とあっけらかんとしている事が多いです。

そして、いつも主婦は夫の給料が安い事に不満を持っていて夫は十分なお金を渡していると勝手に思っているという構図が出来上がるというわけです。

ですから、主婦が抱えているお金の悩みというのは圧倒的に家計がらみのお金になるというわけです。それはある意味自然な流れです。

主婦だからこそ分かるお金の悩みについて はコメントを受け付けていません。

ショッピングが趣味なので、よくあります。

私の趣味はショッピングなので、今すぐにでもお金が欲しいと思ったことはよくあります。
ネットのオンラインショップやデパートに行くと、欲しい物だらけですよ。
最近もありました。
一つ目は前からずっと興味があった通信講座の受講料が、今だけ半額ですメールがパソコンに届いた時です。
これはチャンスだ、今しかないと思いました。

それともう一つは、友人と一緒に駅ビルへ買い物に行った時です。
ショーウインドウに私好みのエレガントなワンピースが、ディスプレイされていたのです。
素材、デザイン、カラーが私の好みにどんぴしゃで、運命を感じてしまいました。
今買わなかったら次に来た時には、無いだろうとさえ思いました。

暫く悩みましたが結局消費者金融(主婦用キャッシング)でキャッシングをして、両方ともゲットしました。
財布の中に以前作っておいたプロミスのカードがあったので、近くのコンビニに行ってキャッシングをしてきました。
ATMのカード挿入口にプロミスカードを入れ、画面の案内に従って操作を進めて行くだけで、簡単に現金をキャッシングすることができました。

毎月の返済額は数千円と少なかったので、負担が軽くて助かりました。
ただ消費者金融は、やっぱり利子が高いのがネックです。
返済しても返済後残高が中々減ってくれないので、溜息が出てしまいます。
なので返済金額を多めに変更して、なるべく早く完済するように頑張りました。
キャッシングは凄く便利ですけど、よく考えてからした方がいいと思いました。

ショッピングが趣味なので、よくあります。 はコメントを受け付けていません。

消費者金融のイメージ

昔はお金に困っても、消費者金融でお金を借りようとは思わなかったのです。
消費者金融のイメージと言えば、お金を借りるのが大変そう、借りたら借りたで返済が大変そうというイメージがあったのです。
ですからお金に困ったとしても、消費者金融を利用する事はなかったのです。
ですが、テレビのCMで大分印象も良くなり、法改正により金利も大分引き下げられました。
なので、それからは消費者金融を利用するようになりました。
消費者金融は今や、昔の暗いイメージは全くなく、普通のお店のような感覚で利用しています。

消費者金融のイメージ はコメントを受け付けていません。

お金が無いときの乗り越え方

お金がない時にどうするか、給料日までお金がないという状況ならば、可能な限り支出を抑えて、我慢します。家に閉じこもってしまいます。ガスも電気も極力使用を控えてしまいます。

農業をしているので食べ物は、何かしらあるので、冬で野菜が無いときでも、おかず無しの玄米だけで乗り切ることはできます。

支払日まで3日で、貯金口座が不足している場合は、借りるしかありません。しかし、消費者ローンやカードキャッシングなどの利息のつくサービスは利用しません。それは、最後の手段としてとっておきます。

誰かから借りる場合ですが、近所の方などは、野菜をいただいたりしてお世話になっているのですが、さすがにお金の相談はできませんし、したくありません。お金の相談のできるようなつきあいの方もいません。

ですから、現時点なら、まずは親に相談してみることになります。親は経済的に裕福で、困った時にはお金を貸してあげるとは言ってもらえているからです。

お金が無いときの乗り越え方 はコメントを受け付けていません。

外食、夜のおつきあいはしません。

サラリーマンですから、同僚と昼ご飯に行ったり、夜は軽く一杯行くこともありますが、お金に困ったときは別です。そんな時には、前日のご飯の残りなどで弁当を作り外食は避けます。同僚には、弁当を作ってもらったからといって、極力お金のないことを悟られないように振る舞います。

都心では昼飯一食が最低でも700円はくだりません。ですから、週5日、月から金まdで3500円の節約になります。お金のない時にはとてもありがたいことです。

また、私がよくやるのは、営業職という立場を活用して、お客さんとランチをします。接待費として会社に請求すれば、おいしいランチがそれもただで食べられます。でも、これはせいぜい週に一回が限度ですね。あまり客とランチをしていると、上司のチェックが入り怒られる可能性があります。そうなると、元も子もないのでチェックが入る寸前のところでやめておきます。

お金がない時には、夜のおつきあいも極力断ります。具合が悪いとか、子供の具合が悪いなどなど、考えられる理由を考えて断ります。でも、あまり断ると付き合いの悪いやつと思われてしまうので、これも注意が必要です。

もちろん、このような努力をしてもお金が足りなくなる時は、親兄弟に少しお金を用立ててもらうことにしています。

外食、夜のおつきあいはしません。 はコメントを受け付けていません。